BLOGブログ

BLOGスタッフのブログ

1

着太り知らず!? 2500年前の冷え対策とは?

スパイスとカラダのコト

寒さが日に日に増してきた今日この頃。

カラダの冷えは避けたいけれど、着太りしすぎるのも気になったり。。。

そんな方におすすめなのが、カラダを内側から温めることです。

世界最古の伝統医学と言われている「アーユルヴェーダ」では、冷え対策にカラダを内側から温めるスパイスを摂ることが良いとされています。

特ににおすすめのスパイスが、

*カラダ内部の冷えからくる不調に使われる「クローブ」

*胃腸を温めてくれると言われている「カルダモン」

*新陳代謝の促進を助けてくれる「ターメリック」

*体の内側を温め、漢方の「桂皮」としても知られている「シナモン」

当店のスープカレーにも入っているスパイスたちです。

どのスパイスもスーパーで手軽に手に入るので、お家の料理に加えてみたり、スパイスティーとして嗜んでみたり、楽しみながら摂取することができますよ!

また、当店のブログでも、 冷え対策のスパイスレシピを発信していきますね!

さらに本格化する寒さ。

カラダを内側から温める温活習慣をはじめてみてはいかがでしょうか?

RELATED

関連記事

PAGE TOP