BLOGブログ

BLOGスタッフのブログ

1

「スパイス=辛い」は誤解!? 辛み以外のスパイスの使い方とは?

カリーのこと

たくさんの種類があるスパイス。

世界には何種類ほどのスパイスがあるかご存じですか?

なんと全部で350~500種類あると言われています。

日本で使われてるのはその中の100種類程度。

それでも多いですよね。

これほどたくさんの種類があると、「スパイスってよくわらかないし難しそう」と思われるのも無理ありません。

実は日本でのスパイスのイメージには、たくさんの誤解があったりします。

例えば「スパイス=辛い」というものですが、実際に辛みのあるスパイスは全体の10%以下と言われています。

では残りの9割はどんなスパイスでしょうか?

香りや色づけ、臭み消しとして使われるものがほとんどです。

カリー事変では、そんな多様なスパイスの香りや色合いを楽しんで頂くために、あえて辛みスパイスをほとんど加えないカレーを提供しています。

ひとつひとつが個性豊かなスパイスたちですが、さまざまな種類のスパイスが混ざり合った時にこそ、深い味わいと多幸感をもたらします。

そんなスパイスの不思議で面白い世界を楽しんで頂きたい。

そんな想いから、当店のスパイスカレーで味変しながら食べるスープカレーのスタイルが生まれました。

また、当ブログでスパイス雑学を発信していきますね!

RELATED

関連記事

PAGE TOP